盗聴器発見

 

料金表 は、下記の専門ページに掲載されてます。

あなたのご家庭、オフィスは盗聴の被害に遭われていませんか?

現在市販されている盗聴器だけでも年間約30万個に達しています

しかも盗聴器発見率はその内の5%程度しかないため、設置される盗聴器は年々増加し続けているのです。また、盗聴器を仕掛けるターゲットと言えば有名人や大手企業だけと思われがちですが、盗聴器発見の報告例が最も多いのは一般家庭で、地域的には盗聴波報告は全国的にほとんど差はありません。
実際は一般の方でも十分ターゲットになり得るのです。

  • 電話中の相手の声がおかしかったり、テレビの音が変に聞こえる
  • 見覚えのないものが部屋にある、監視されている感じがある
  • イタズラ電話が増えた他に、無言電話も増えた
  • 言った覚えがないプライベートな事を他人が知っている

などといった点に心当たりがある方は、盗聴器が設置されている可能性があります。これ以上のプライバシーの侵害を防ぐためにも、一刻も早く専門の業者に盗聴器発見調査を依頼することをお勧めいたします。

当社では盗聴器発見の調査で、ハンディタイプの広帯域受信機から、より高性能な据え置き型広帯域受信機など、その他の機材も積極的に導入して様々な種類の盗聴器発見に努めています。
勿論、折角の優れた機材があっても使いこなせなくては意味がありませんので、当社では実際に盗聴発見の現場で活躍する調査員の訓練・指導にも力を入れております。

それでいて、当社では調査料金は、盗聴器発見も盗撮カメラ発見も標準料金で対応しております。お値段は他社様と比較しても安くなっております。
盗聴器の発見報酬と撤去費用、時間延長で追加料金は一切ありませんので、
それ以外では、現場に向かうための出張料金が発生します。調査料金と出張料金の合計が、総額になります。
勿論、経費の内訳は明確にして調査後にお見せ致します。

また、当社では、盗聴発見の調査だけでなく調査後のサポートも充実させています。ご希望があれば調査後に各種機材を使った盗聴発見に関するお客様に疑問や心配が残っているならば丁寧にお答え致します。
また、『高い調査力と低料金』で定評のある探偵部門も併設しておりますので、盗聴を行った者を特定して、公的機関に出す書類の作成、など盗聴器発見以外でもご依頼を承っております。
事前の盗聴器発見調査に関するお見積りとご相談と同様に、ご相談からお見積りまで無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。

特殊な盗聴器による盗聴被害

盗聴器で代表的な物は、電波を発信するタイプの盗聴器で、インターネットから、この盗聴器を比較的簡単に手に入れることができます。
また、値段も安いことから、使い捨てにも向いているので、盗聴犯に好まれているようです。

盗聴器発見調査は、この電波を発信する盗聴器を見つけるための調査です。

しかし、近年は電波を発信する盗聴器の他に、電波を発信しない盗聴や従来使われている電波式の盗聴器とは違う盗聴器も登場して、従来の盗聴器発見調査では発見するのが難しい盗聴器が存在します。

これらの特殊な盗聴器を発見するためには、専用の発見器が必要になります。

例えば、電波を発信しない盗聴器は、ICレコーダーを使った物が多く、
ICレコーダーは電波を発信しないため、盗聴器が発信する電波を傍受するタイプの盗聴器発見器では見つけることが不可能です。

そのため、サーモグラフィーや半導体検知器などを使って調査を行い、
盗聴器の有無を調べる調査が必要になります。

弊社では、従来の電波発信型の盗聴器のほかに、特殊な盗聴器の発見調査も行っており、盗聴器発見器などの機材で他社様と比較しても充実しております。
盗聴器や盗聴器発見調査のことで疑問などあれば、お気軽にご相談ください。